Visa payWave(ビザペイウェーブ)に対応しているデビットカード

更新日:

Visa payWave

日本でも、Visa payWaveが使えるデビットカードが発行されています。

この記事では、Visa payWaveの仕組みや使えるお店についても紹介しています。

Visa payWaveとは?

Visa payWaveの仕組み

Visa payWaveは、「iD」や「QUICPay」のような電子マネーです。

nanacoや楽天Edyのように、残高を事前にチャージしておく必要はありません。デビットカードの場合は、利用時に代金が口座から即時引き落としされます。

通常のVisaカードの支払いと違うのは、電子マネーなのでタッチひとつで支払いが完了すること。

サインや暗証番号の入力は基本的に必要ないので、便利に買い物ができます。

ただ便利なだけではなく、店員さんにカードを渡す必要がないので、安全性が高い支払い方法でもあります。

▼1分でわかる「Visa payWave」

Visa payWaveの使い方

Visa payWave 対応マーク

Visa payWaveは、対応マーク(左)やコンタクトレスシンボル(右)のあるVisa加盟店で使えます。

使い方は超かんたん!

①お店に対応マークがあった場合は、店員さんにVisaで支払うことを伝えて、カードリーダーにタッチするだけ。

②「ピー」という音声が鳴ったら、支払いはこれで完了です。

※「センタ通信中です」と決済端末に表示されますが、「ピー」という音声が鳴った段階でカードを離して大丈夫です。

支払い時の注意点

「Visa payWaveで」ではなく、「Visaで」と店員さんに伝えてください。

これは、Apple Payで支払う時と同じで、Visa payWave支払いはVisaの決済がされるためです。

・Apple Payに登録しているSuicaカードで支払う→「Suicaで」

・Apple Payに登録しているiD対応のクレカで支払う→「iDで」

・Visa payWaveに対応しているVisaデビットカードで支払う→「Visaで」

▼Visa payWaveの使い方@ローソン

Visa payWaveが使えるデビットカード

Visa payWaveに対応しているデビットカードは以下の9種類です。

※Sony Bank WALLET(ソニー銀行)はVisa payWaveに非対応

おすすめは、日本で初めてVisa payWave対応のデビットカードを発行した、住信SBIネット銀行のVisaデビットカード。

Visa payWave利用時には、0.6%のポイントが貯まるカードです。

おすすめのデビットカードはこちら

住信SBIネット銀行Visaデビットカード

【Visa payWave】スマホやアプリでは使えない

Visa payWave×Android

ジャックスや三井住友のクレジットカードでは、Android(NFC対応のスマホ向けに)アプリの配信をしていました。

※現在は新規申込の受付を停止しており、サービスの利用も2018年中にできなくなります。

しかし、これはクレジットカード専用のサービスのため、デビットカードでは利用できません。

つまり、Androidのスマホでは、Visa payWave決済を利用できないということです。

Visa payWave×iPhone

iPhoneの場合は、ApplePayで使えるかどうか?がポイントになります。

しかし、デビットカードはApplePayに登録することができません。

つまり、デビットカードでは、iPhoneを使ったVisa payWave決済を利用できないということです。

#docomo#対応店舗#違い#セキュリティ#スーパー

どこで使える?日本国内のVisa payWave加盟店

日本国内で使えるお店の例

  • ローソン
  • TSUTAYA
  • メガネストアー
  • イケアストア
  • マクドナルド
  • 関西国際空港、東京空港交通 リムジンバス
  • 阪急阪神第一ホテルグループ、ホテルヴィラフォンテーヌ
  • 東急プラザ銀座
  • 自動販売機(りそな銀行の一部の支店に設置)

【Visa payWave】コンビニ3社ではローソンのみが対応

2018年の9月から、ローソンでVisa payWaveが使えるようになっています。

※セブンイレブンやファミマはVisa payWaveに対応していません

おすすめのデビットカードはこちら

住信SBIネット銀行Visaデビットカードの口コミ・評判

Visa payWaveが日本で爆発的に普及するであろう理由

現在、国内では使える店がまだまだ少ないのが現状です。

しかし、Visa payWaveはこれから爆発的に普及すると予測されています。

その理由は大きく2つ。

日本の「Felica(フェリカ)」と国際標準のNFC規格「TypeA/B」

なぜ、こんなにも国内のVisa payWave加盟店は少ないのか?

それは、国内の電子マネーの多くに採用されているFelicaに対して、海外ではTypeAやTypeBというNFC規格が主流だから。

そもそも、NFCの規格が違うので利用できなかったんです。

お店側にとっては、「TypeA/B」に対応するにはコストがかかるし、日本人で利用する人はまずいないから、導入する費用対効果が悪い。

これでは、国内のVisa payWave加盟店が増えるわけがありません。

①訪日外国人への対応

日本人のことだけを考えていれば良かったお店も、訪日外国人の購買力の大きさに徐々に気づき始めました。

2020年には東京オリンピックが開催されることが決まり、さらに多くの外国人が日本を訪れることは確実。

Visa payWaveが日本と比べて圧倒的に普及している、台湾・香港・オーストラリア・シンガポールなどから来る、外国人への対応は絶対に必要になります。

それらの国から日本を訪れる「訪日外国人」への環境整備として、国内のVisa payWave加盟店は間違いなく増えていくはずです。

②東京オリンピックへ向けて、政府が進める割賦販売法の改正

これは直接関係ないことですが、政府は東京オリンピックに向けて割賦販売法※の改正を進めています。

※クレジットカードの情報管理や販売業者に対する管理の強化など

国内のカード決済の環境整備は、海外に比べて大幅に遅れを取っていて不正利用も多発。

南アフリカの銀行が発行したクレジットカードを使って、14億円以上が不正に引き出された事件もこの例にあたります。

なぜこんなことが起きているのか?

それは、ICチップを搭載したクレジットカードは普及してきたものの、カードを読み取るお店のカードリーダーがまだまだ磁気ストライプ対応のみの場合が多いから。

※ICチップに対応することで暗証番号の入力が必要になり、不正利用されにくい。

東京オリンピックへ向けて、多くの訪日外国人が来るというのに、こんなに不正利用されやすい環境を放置することはできない。

だから、政府は小売店に対して、ICカードリーダーを設置させるように法律の改正を進めているんですね。

ということは、お店は新しいカードリーダーを導入する→訪日外国人も来るし「TypeA/B」に対応した機器を設置する→ Visa payWaveが使えるようになる、という流れにつながる可能性が大いにあります。

おすすめのデビットカードはこちら

住信SBIネット銀行Visaデビットカードの口コミ・評判




シェアする
記事のタイトルとURLをコピーする

おすすめのデビットカードはこの2枚!

JNB Visaデビット

日本初のネット銀行「ジャパンネット銀行」が発行するVisaデビットカード

利用通知やアプリの使いやすさなどで圧倒的な「総合力NO.1のデビットカード」

GMOあおぞらネット銀行Visaデビットカード

2018年秋から営業開始した、いま注目のネット銀行!

年会費無料&15歳以上から審査なしでカードが発行できる

-電子マネー
-

Copyright© VISAデビットカード比較 , 2018 All Rights Reserved.