【東邦銀行】東邦Alwaysデビットカード<JCB>の口コミ・評判

更新日:

東邦Alwaysデビットカード

福島県に本店を置く東邦銀行から、「東邦Alwaysデビットカード」というJCBデビットカードが発行されています。

公式サイトだけではわからない、東邦Alwaysデビットカードのメリット・デメリットについて紹介。

東邦Alwaysデビットカード(一般カード)詳細
年会費初年度無料→2年目以降は1350円
審査なし
ポイント還元率0.3%
海外ATM手数料 / 海外事務手数料108円 / 4.6%
家族カード あり
ETCカードなし
利用限度額 自由に設定が可能
利用できる場所国内外のJCB加盟店
JCB・Cirrusマークがある海外ATM

【東邦Alwaysデビットカード】一般カードとゴールドカードの違い

東邦Alwaysデビットカード ゴールド

まず初めに、東邦Alwaysデビットカードには一般カードとゴールドカードの2種類があります。

どちらもデビットカードという点では同じですが、年会費や付帯する保険などが違います。

一般カードゴールドカード
年会費 初年度無料→2年目以降は1350円 10800円
申し込みできる年齢15歳以上(中学生は除く)20歳以上(学生は除く)
コンビニATM手数料初年度は月3回まで無料→2年目以降は条件クリアで無料月3回まで無料
旅行傷害保険最高3000万円まで補償(利用付帯)最高1億円まで補償(自動付帯)

ゴールドカードのほうが、少し補償が厚いことがわかっていただけてでしょうか。

しかし、一般カードのコンビニATM手数料の無料化条件のハードルも低く、特典のわりに年会費が高いゴールドカードを申し込む人は、ほとんどいないんじゃないだろうか。

というわけで、ここからは東邦Alwaysデビットカード(一般カード)について紹介していきます。

東邦銀行JCBデビットカードのメリット

審査なし&初年度年会費は無料(2年目以降は1350円)

東邦Alwaysデビットカードにはクレジットカードのような与信審査がないため、中学生を除く15歳以上ならだれでもカードを作れます。

初年度の年会費は無料ですが、2年目以降は1350円かかります。

ただし、以下のどれか1つの条件をクリアすれば、2年目以降も年会費は無料です。

  • 前年度のカード利用額が10万円以上
  • 携帯電話(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)の利用代金を東邦Alwaysデビットカードで支払っている場合
  • 22歳以下

ちなみに、年会費が条件なしに無料のデビットカードは数多く存在します。

条件を満たすのが難しそうな人や、初めてデビットカードを申し込む方は、使わなくてもお金が1円もかからないカードを選びましょう。

▼条件なしで年会費が無料

審査なし&年会費無料のデビットカード

ポイント還元率は0.3%

東邦Alwaysデビットカードは、カード利用で1000円につき1 Oki Dokiポイントがキャッシュバックされます。

※Oki Dokiポイントは、JCBカード利用で貯まるポイントプログラムのこと。

Oki Dokiポイントは1ポイント=3円のレートで交換できるため、実質0.3%のポイント還元率になります。

さらに、一定金額以上を利用すると、JCB STAR MEMBERS(登録不要)が適用されてポイント還元率がアップ!

年間の利用金額の合計Oki Doki ボーナスアップ
100万円以上翌年のポイントが50%UP
50万円以上翌年のポイントが20%UP
30万円以上翌年のポイントが10%UP

東邦Alwaysデビットカードに付帯する保険

東邦Alwaysデビットカードには、旅行傷害保険が利用付帯されています。

旅行傷害保険(国内・海外)
東邦Alwaysデビットカードで旅行費用などを支払った場合、旅行中に起きた事故やケガなどを最高3000万円まで補償。

おサイフケータイ対応機種ならQUICPayが使える!

Google Pay(グーグルペイ)

東邦Alwaysデビットカードは、Google Payに登録することで、QUICPay支払いを利用することができます。

※iPhoneまたはおサイフケータイ非対応のAndroidでは、サービスを利用できません。

コンビニATM手数料が月3回まで無料

東邦Alwaysデビットカードを持っていると、初年度は無条件でコンビニATM手数料が月3回まで無料になります。

※コンビニATMは、セブン銀行ATM・イーネットATM・ローソンATMが対象。

さらに、年会費無料の条件と同じく、以下のどれか1つの条件をクリアすれば、2年目以降も月3回まで無料です。

  • 前年度のカード利用額が10万円以上
  • 携帯電話(ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)の利用代金を東邦Alwaysデビットカードで支払っている
  • 22歳以下の場合

東邦銀行JCBデビットカードのデメリット

東邦Alwaysデビットカードは海外でも使えるが・・・

JCBブランドのため、世界中のJCB加盟店で使える「東邦Alwaysデビットカード」

しかし、VisaやMasterCardと比べると利用できる店舗が少ないのも事実。

さすがに、海外ではどこの国でも使えるとまではいえません。

海外旅行の予定がある人、海外の通販で買い物をしたい人には、やっぱりVisaデビットカードをオススメします。

VisaJCB
加盟店数約5,300万店約3,300万店
売上高の世界シェア約50%約1%

海外事務手数料はかなり高い

海外事務手数料とは、国外のJCB加盟店(海外通販サイトを含む)※で利用した際に発生する手数料のこと。

※例えば、アメリカのお店で買い物したときは、支払いは日本円ではなく米ドルですることになるので、日本円→米ドルに交換する為替手数料が発生します。

通常のJCBカードでは、1.6%~2.0%くらいが平均的な手数料となります。

東邦Alwaysデビットカードの海外事務手数料は4.6%で、他のJCBカードと比べるとかなり割高な手数料。

通常の2~3倍の手数料を支払うことになるので、このカードで海外ショッピングをすることはおすすめできません。

ガソリンスタンドでは使えない

東邦Alwaysデビットカードは、ガソリンスタンドの料金支払いには使えません。

これは、東邦銀行のホームページにも明記されていることです。

ガソリンスタンド、電気料金等月次課金サービス、高速道路料金、機内販売等ではご利用いただけません。
出典 : 東邦Alwaysデビットカード<JCB>

ちなみに、全てのデビットカードがガソリンスタンドで使えないのではなく、ちゃんと使えるデビットカードもあるので安心してください。

ETCカードは発行できない

東邦Alwaysデビットカードでは、ETCカードを作ることはできません(=高速道路料金の支払いはできない)

というより、すべてのデビットカードにおいてETCカードを作ることができません。

おすすめのデビットカードはこちら

【2019年版】デビットカード おすすめランキング




おすすめのデビットカードはこの2枚!

1位 JNB Visaデビット

初めてデビットカードを作るなら、このカードがおすすめ!

利用通知やアプリの使いやすさなどで圧倒的な「総合力NO.1のデビットカード」

2位 楽天銀行デビットカード

ポイント還元率はデビットカード最高の1.0%

年会費無料の楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)がおすすめ

1000ポイントがもらえるキャンペーンが開催中!

-デビットカードの一覧
-, ,

Copyright© VISAデビットカード比較 , 2019 All Rights Reserved.