VISAデビットカード比較

ゴールドもある!楽天銀行Visaデビットカードのメリット・デメリット

      2018/03/11

楽天銀行Visaデビットカードには、通常タイプのデビットカードとゴールドデビットカードの2種類があります。

ゴールドデビットカードの方は、年会費が高い分だけ付帯する保険や特典が充実しているカードです。

 楽天銀行Visaデビットカード 楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)
年会費  1029円 3086円
審査 なし なし
ポイント還元率  0.2% 0.5%
海外ATM手数料  無料  無料
家族カード なし なし
ETCカード なし なし
利用限度額 自由に設定が可能 自由に設定が可能
利用できる場所 国内外のVisa加盟店
Visa・PLUSマークがある海外ATM
国内外のVisa加盟店
Visa・PLUSマークがある海外ATM
公式サイト 楽天銀行Visaデビットカード 楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)

楽天銀行Visaデビットカードの基本

楽天銀行Visaデビットカードは審査なしで発行できる!

楽天銀行Visaデビットカードは、審査なしで発行できます。

「楽天銀行で口座開設できる=楽天銀行Visaデビットカードが作れる」ということなので、銀行口座を開設できれば誰でも作れます。

※クレジットカードのように、信用情報を見てカードを発行するか決めているわけではない。

楽天銀行で口座開設できる年齢は16歳から。だから、高校生や大学生でもカードを作れるんです。

ちなみに、通常のVisaデビットカードと同じく、ゴールドデビットカード(Visa)も審査なしで作れます。

※クレカのゴールドカードのように、通常のカードよりも厳しい審査があるわけではありません。

楽天銀行Visaデビットカードの年会費

年会費
楽天銀行Visaデビットカード 1029円
楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa) 3086円

年会費支払いのスケジュール

初年度年会費(口座開設時に申し込み)→カード入会月の翌月末日までに引き落とし

※2017年8月加入の場合は、2017年9月30日までに引き落とし。

2年目以降の年会費→会費対象期間月の月末に引き落とし

※2017年9月に入会した場合は、2018年8月31日に引き落とし。

なお、Visaデビットカードの年会費が高いなと感じたなら、同じ楽天銀行から発行されているJCBデビットカードをおすすめします。

▼年会費無料なのに、ポイント還元率は1.0%と圧倒的!

【口コミ・評判あり】私が楽天銀行JCBデビットカードをオススメする理由

楽天Visaデビットカードは海外でも使える

海外旅行

クレジットカードと同じように、Visaマークがついているお店で支払いに使えます。

日本国内のお店やネットショッピングはもちろん、海外でもVisaマークがついているお店なら当然OK

さらに、キャッシュカードとしての機能がついているため、海外ATMでお金をおろすこともできます。

しかも、楽天銀行は海外ATM手数料が無料。海外旅行へ行くときには、強い味方になりますよ!

楽天銀行Visaデビットカードはガソリンスタンドでも使える

数十種類が発行されているデビットカードですが、ガソリンスタンドでも使えるカードはたったの8種類しかありません。

楽天銀行Visaデビットカードはそのうちの1枚、とても貴重なデビットカードなんですね。

ただし、一点だけ注意があって、ガソリンスタンドで使う場合は口座残高が1万円以上ある必要があります。

以下は、楽天銀行のホームページより。

※言い換えると、口座残高が1万円以上ある場合は、ガソリンスタンドでも使えるという意味です。

ガソリンスタンドでのお支払について

10000円以上の普通預金口座残高が無い場合は利用できません。

楽天銀行Visaデビットカード

Visa payWaveに対応

楽天銀行Visaデビットカードは、Visa payWave(ビザ ペイウェーブ)に対応。

東京オリンピックの開催を見据えて、「Visa payWave」が使えるお店は爆発的に増えるといわれています。

Visa payWaveとは?

「iD」や「QUICPay」のように、カードリーダーにかざせば数秒で決済ができる電子マネー。

あらかじめチャージしておく必要はなく、デビットカードの場合は利用金額が口座から即時引き落としされる。

日本で一般的な「Felica」ではなく、国際基準のNFC規格「Type A/B」を採用しているため、日本国内で利用できるお店はほとんどない。

逆に言うと、世界では「Type A/B」を採用していてVisa payWaveが使える、というケースは非常に多いです。

▼Visa payWaveについて

Visa認証サービス(3Dセキュア)に対応

楽天Visaデビットカードは、Visa認証サービス用パスワードを設定できる「Visa認証サービス」に対応しています。

このサービスを利用することで、例えばカードを落として誰かに拾われても、パスワードが分からないために不正使用を防止できます。

楽天銀行Visaデビットカードとゴールドデビットカードの違い

楽天銀行Visaデビットカードのポイント還元率

ゴールドデビットカードは年会費が高い分だけ、若干ポイント還元率がアップしています。

ポイント還元率
楽天銀行Visaデビットカード 0.2%
楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa) 0.5%

楽天銀行Visaデビットカードに付帯する保険

ゴールドデビットカード(Visa)に付帯する「ショッピング保険」は、国内・海外の両方が対象です。

ショッピング保険

ゴールドデビットカードで(Visa)購入した商品が、事故による破損や盗難などの損害にあった場合に補償(購入日から60日間が対象)

付帯する保険
楽天銀行Visaデビットカード 盗難補償
楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa) 盗難補償
ショッピング保険

#プライオリティパス

【特典】楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)を使うメリット

楽天銀行ゴールドデビットカード(VISA)の特典

ゴールドデビットカード(Visa)は、Visaゴールドカードの優待特典やVisaの優待特典を利用することができます。

優待特典の例 詳細
Visaグローバル・カスタマー・アシスタンス・サービス 海外でカードを紛失した場合、日本語オペレーターがカード緊急再発行など、24時間・年中無休で対応してくれる。
Visaゴールド国際線クロークサービス 手荷物を預けることができるサービス、通常料金より15%OFFで利用できる。
Visaゴールド空港宅配 通常1700円以上かかる手荷物宅配を1個目500円、2個目以降通常料金より15%OFFで利用できる。
Visaゴールド海外WiFiレンタル 海外モバイルWiFiルーターのレンタル料金(データ通信)が20%OFF

ただし、「空港ラウンジを無料で利用できる」というような特典はありません。

海外旅行傷害保険や空港ラウンジを無料で利用したい方は、クレジットカードの楽天ゴールドカードを検討してみてください。

楽天ゴールドカード

 楽天銀行Visaデビットカード 楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)
年会費  1029円 3086円
審査 なし なし
ポイント還元率  0.2% 0.5%
海外ATM手数料  無料  無料
家族カード なし なし
ETCカード なし なし
利用限度額 自由に設定が可能 自由に設定が可能
利用できる場所 国内外のVisa加盟店
Visa・PLUSマークがある海外ATM
国内外のVisa加盟店
Visa・PLUSマークがある海外ATM
公式サイト 楽天銀行Visaデビットカード 楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)

記事のタイトルとURLをコピーする

おすすめのデビットカードはこの2枚!

JNB Visaデビット

日本初のネット銀行「ジャパンネット銀行」が発行するVISAデビットカード

年会費無料&審査なし(15歳以上からOK)

セブン銀行のデビットカード

セブン銀行のキャッシュカード+JCBデビットカード+nanacoカードの3つが一体型

年会費無料&審査なし(16歳以上からOK)

 - デビットカードの一覧, 楽天銀行の口コミ・評判 ,