楽天銀行デビットカードの口コミ・評判~VisaデビットとJCBデビットの違いとは~

更新日:

▼Visaデビットカード

▼JCBデビットカード

楽天銀行から、年会費無料のデビットカードが発行されています。

私は、楽天銀行を数年前から利用しています。実際に利用しているいちユーザーとして、メリット・デメリットをまとめました。

※VisaデビットとJCBデビットの違いについても紹介しています!

楽天銀行デビットカード詳細
審査なし
ポイント還元率1.0%
海外ATM手数料無料
家族カードなし
ETCカードなし
利用限度額自由に設定が可能
公式サイト楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードとは?

楽天銀行のデビットカード=楽天銀行のキャッシュカード+デビット機能

デビットカードは、クレジットカードと同じように使えるカードです。

デビットカードだから特別な決済手数料がかかる、なんてことはありません。

※1000円の商品を買う→1000円支払えばOK

大きく違うのは、クレジットカードは引き落とし口座を自由に選べる、デビットカードは選べないことくらい。

  • 楽天カード→楽天銀行以外でもOK
  • 楽天銀行のデビットカード→楽天銀行しかダメ

ですから、楽天銀行のデビットカードを作りたいなら、楽天銀行で口座開設する必要があります。

➡楽天銀行デビットカード

【楽天銀行】VisaとJCBのデビットカードがある

年会費無料の楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)を発行開始!

楽天銀行ベーシックデビットカード

▲楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)

以前までの楽天銀行では、年会費無料のデビットカードはJCBブランドしかありませんでした。

しかし、2019年1月から年会費無料の楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)を発行しています。

年会費のかかるデビットカードもあり

楽天銀行デビットカードには、年会費2,160円のシルバーデビットカード(Visa)と年会費5,400円ゴールドデビットカード(Visa)の2種類のカードもあります。

ポイント還元率などは変わりませんが、年会費の分だけ付帯保険が充実しているカードです。

楽天銀行デビットカードの一覧

参考

■ 複数枚のデビットカードを同時に発行することはできない

■ 以下の切替申込の場合は、発行手数料540円がかかります。

  1. 年会費無料のデビットカードから他の年会費無料のデビットカード(例えばJCBデビットカード→ベーシックデビットカード)に切り替える場合
  2. 楽天銀行JCBデビットカード(楽天パンダデザイン)に切り替える場合

※シルバーデビットカード→ベーシックデビットカード、ベーシックデビットカード→ゴールドデビットカードなどの場合は、発行手数料はかかりません。

【楽天銀行デビットカード】VisaとJCBの違い

楽天Visaデビットカード Visaのタッチ決済

シルバーデビットカード(Visa)やゴールドデビットカード(Visa)の存在を除くと、VisaとJCBブランドの違いといえるのが非接触決済への対応です。

Visaブランドの楽天銀行デビットカードでは、Visaのタッチ決済(旧 Visa payWave)に対応しています。

東京オリンピックの開催や外国人観光客の増加を見据えて、Visaのタッチ決済が使えるお店は爆発的に増えるといわれています。

Visaのタッチ決済とは?

「iD」や「QUICPay」のように、カードリーダーにかざせば数秒で決済ができる電子マネー。

あらかじめチャージしておく必要はなく、デビットカードの場合は利用金額が口座から即時引き落としされる。

日本で一般的な「Felica」ではなく、国際基準のNFC規格「Type A/B」を採用しているため、日本国内で利用できるお店はほとんどない。

※2018年秋からは全国のローソンでも使えるようになり、国内の加盟店が増えています!

逆に言うと、海外では「Type A/B」を採用していてVisaのタッチ決済が使える、というケースは非常に多いです。

楽天銀行デビットカードはVisaとJCBのどっちがいい?

楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)がおすすめ!

どちらのカードを作るか...迷って決められない人は、楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)を選ぶようにしてください。

海外では、「Visaは使えるけどJCBは使えない」というケースは意外に多くあります。

そして、日本国内でも「Visaは使えるけどJCBは使えない」というケースが徐々に増えています。

例えば、同じ楽天グループが運営する「QRコード決済の楽天ペイ」でも、楽天銀行JCBデビットカードは使えません。

私自身も、スシローやモスバーガーで店員さんに「JCBは使えない」と言われて、驚いた経験があります。

※JCBはお店がカード会社に支払う手数料が多く、手数料が高い→導入しないという流れです。

➡楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)

VisaJCB
加盟店数約5,300万店約3,300万店
売上高の世界シェア約50%約1%

【比較表】楽天銀行デビットカードの種類やその違い

楽天銀行JCBデビットカードベーシックデビットカード(Visa)←おすすめ
年会費永年無料永年無料
特典楽天パンダのデザインVisaのタッチ決済
国内
海外
公式サイトJCBデビットカードベーシックデビットカード(Visa)
楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)ゴールドデビットカード(Visa)
年会費2,160円5,400円
特典

付帯保険

Visaのタッチ決済
ショッピング保険
Visaゴールドカードの優待
Visaのタッチ決済
ショッピング保険
国内/海外旅行保険
Visaゴールドカードの優待
国内
海外
公式サイトシルバーデビットカード(Visa)ゴールドデビットカード(Visa)

楽天銀行デビットカードのメリット・デメリット

楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)は年会費が永年無料

楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)の年会費は永年無料です。

発行手数料も無料なので、使わない限りお金は1円もかかりません。

デビットカードを作ろうか迷っている人は、とりあえず楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)を作りましょう!

楽天銀行デビットカードは審査なしで発行できる

楽天銀行デビットカードは、審査落ちしてカードが作れないということはまずありません。

「楽天銀行で口座開設できる=楽天銀行デビットカードが作れる」ということなので、銀行口座を開設できれば誰でもカードが作れます。

※クレジットカードのように、信用情報を見てカードを発行するかどうかを決めているわけではありません。

楽天銀行で口座開設できる年齢は16歳から。だから、高校生や大学生でもカードを作れます。

ちなみにですが、私は仕事を辞めて無職だった時に、何の問題もなく楽天銀行デビットカードが作れましたよ!

以下は、楽天銀行のホームページより。

楽天銀行デビットカードの発行対象
クレジットカードとは違い審査はございません。16歳以上であればどなたでもお申込みいただけます。

楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードはポイント還元率1.0%

楽天銀行デビットカード ポイント還元率

クレジットカードで気になる「お得なカードの特典」、その代表格がポイント還元。

デビットカードはクレジットカードと比べると、ポイント還元率が低い傾向があります(だいたいが0.2%~0.5%)

しかし、楽天銀行デビットカードだけは違うんです。

楽天銀行デビットカードは利用額に対して、1.0%の楽天スーパーポイントをキャッシュバック。クレカ並みの還元率を誇ります。

※楽天カード(クレジットカード)と同じ還元率1.0%です!

もちろん、この還元率はデビットカードの中で最高還元率にあたります。

ちなみに、私はAmazonとiTunes Storeの支払いなどを「楽天銀行デビットカード」でしていて、毎月200ポイントぐらいが貯まっています。

※期間限定ポイントではない「普通のポイント」が貯まり、ランクアップ対象にもなる。

楽天銀行デビットカードはガソリンスタンドでも使える!

数十種類が発行されているデビットカードですが、ガソリンスタンドでも使えるカードはたったの8種類しかありません。

楽天銀行デビットカードはそのうちの1枚、とても貴重なデビットカードなんですね。

ただし、一点だけ注意があって、ガソリンスタンドで使う場合は口座残高が1万円以上ある必要があります。

ガソリンスタンドでのお支払について

10000円以上の普通預金口座残高が無い場合は利用できません。

楽天銀行デビットカード

楽天銀行デビットカードの口コミと評判

楽天銀行デビットカードの評価をレビュー

やっぱり、通販(インターネットショッピング)の支払いに使えるのが便利です。

商品の代金は購入とほぼ同時に引き落とされるので、クレカと違って使いすぎが防止できるのが特に助かります。

最近では、コンビニ(セブンイレブン・ローソン・ファミマ)や西友でも使うようになりました。

実店舗でも、クレジットカードと同じように使えるところがいい!

楽天銀行デビットカードって実際どうなの?

#何日で届く#受け取り#いつ届く#どれくらいで届く#作成#期間#登録#意味#ブログ

申し込みから発行までにかかる日数

楽天銀行デビットカードが届くまでの流れ

①デビットカードの申し込み→②本人確認書類の送付→③デビットカードが自宅に到着

申し込みからデビットカードが自宅に届くまでは、約4~7日かかります。

なお、楽天銀行側がデビットカードを発送する時には、メールでお知らせしてくれます。

楽天銀行デビットカードの新規入会キャンペーン

現在、新規入会+3500円以上のカード利用で、1000ポイントがプレゼントされるキャンペーンが開催中です。

キャンペーン対象のデビットカード

※楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)と楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)は、キャンペーンの対象外です。

楽天銀行デビットカード詳細
審査なし
ポイント還元率1.0%
海外ATM手数料無料
家族カードなし
ETCカードなし
利用限度額自由に設定が可能
公式サイト楽天銀行デビットカード

おすすめのデビットカードはこの2枚!

1位 JNB Visaデビット

初めてデビットカードを作るなら、このカードがおすすめ!

利用通知やアプリの使いやすさなどで圧倒的な「総合力NO.1のデビットカード」

2位 楽天銀行デビットカード

ポイント還元率はデビットカード最高の1.0%

年会費無料の楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)がおすすめ

1000ポイントがもらえるキャンペーンが開催中!

-デビットカードの一覧, 楽天銀行の口コミ・評判
-, , , , , ,

Copyright© VISAデビットカード比較 , 2019 All Rights Reserved.