【ファミマTカード】デビットカードとクレジットカードの違い

更新日:

ファミマTカードには、通常のポイントカードに加えて、ファミマデビットカードとファミマクレジットカードの全部で3種類のカードがあります。

この記事では、これら3種類のカードを比較して、あなたに最もふさわしいカードを紹介しています。

ファミリーマートでデビットカードやクレジットカードを使うメリット

カードの日

現金ではなく、ファミマデビットカードやファミマクレジットカードを使う最大のメリット。

それは、毎週火曜日・土曜日にファミリーマートで買い物すると、通常時と比べてポイントが5倍も貯まること。

※通常のファミマTカードでは、カードの日のポイントアップはありません。

例えば、火曜日にファミリーマートで1000円の買い物をした場合はこんな感じ。

  • ファミマTカード+現金→5ポイント
  • ファミマデビットカードorファミマクレジットカード→25ポイント

ファミランクがゴールドだった場合は、1000円の買い物をすると35ポイントを獲得できます。

ファミランク

そして、ファミマデビットカードではなくファミマクレジットカードを使うメリットは、若者応援ポイント※が付くことです。

※25歳以下の会員は、還元率が0.5%アップ。

1000円の買い物をした場合(カードの日+ファミランク ゴールド)、40ポイントを獲得できます。

ファミマTカード+現金 ファミマデビットカード ファミマクレジットカード
ポイント還元率  0.5%  1.0%  1.0%
 ファミランク/レディースデー  ○  ○  ○
 今お得/Tポイントプラス  ○  ○  ○
 カードの日  ×  ○  ○
 若者応援ポイント  ×  ×  ○
 公式サイト  ファミマTカード Visaデビットカード ファミマTカード(クレジットカード)

【比較】ファミマデビットカードとファミマクレジットカードの違い

2つのカードにはそれぞれ特徴があるので、用途や利用先によって使い分けましょう!

ファミマデビットカード ファミマクレジットカード
支払いのタイミング 即時支払い 後払い
 引き落とし口座 ジャパンネット銀行のみ※ ジャパンネット銀行以外も可
分割払い、リボ払い、ボーナス払い ×
 ブランド Visa JCB
審査 なし(15歳以上なら誰でもOK) あり(安定した収入がある18歳以上)
 カードの限度額 上限は自分で決められる クレジットカード会社が決める金額
 ポイント還元率  0.2%  0.5%
 ETCカード/Apple Pay ×
入会キャンペーン 1000ポイントもらえる 4000ポイントもらえる
公式サイト Visaデビットカード ファミマTカード(クレジットカード)

※ファミマデビットカードは、ジャパンネット銀行とファミリーマートが提携して発行しているVisaデビットカード。ジャパンネット銀行での口座開設が必須となります。

#ポケットカード#クレカ#学生#バイト

ファミマデビットカードを使うメリット

あえて、ファミマデビットカードを使うメリットは以下の5つです。

①デビットカードは即時決済のカード

ファミマデビットカードは、カード利用(=注文)と同時に、ジャパンネット銀行の口座からカード利用代金が引き落とされるカード。

クレジットカードを使う=借金をするのが嫌な方には、借金をせずにクレジットカードと同じように使えるデビットカードがおすすめです。

②カードの利用限度額は、1万円単位で自分で決められる(上限は銀行の預金残高)

クレジットカードの限度額では足りないものが買えたり、例えば限度額を3万円/月に設定すると、カードの使いすぎが防止できます。

③審査なしでカードが作れる(=15歳以上の高校生からOK)

デビットカードは預金残高しか使えないカードのため、発行時の審査がありません。

高校生や無職の方でも、何の問題もなくカードが作れます。

④ファミマTカードとして使える

通常のファミマTカードと同じように、TSUTAYAのレンタル会員証として使ったり、ファミリーマート利用時には優待が受けられます。

さらに、通常のファミマTカードでは対象外である「カードの日」のポイントアップが、ファミマデビットカードでも利用できます。

⑤ファミマ利用時は還元率がアップ

通常(ファミリーマート以外のVisa加盟店では)0.2%のポイント還元率ですが、ファミリーマートではファミマクレジットカードと同じ0.5%にアップします。

※ファミマ利用時は、0.5%(デビットポイント)+0.5%(ショッピングポイント)=1.0%の還元率です。

ファミマクレジットカードを使うメリット

【特典】ファミマクレジットカードを使うメリットは以下の6つです。

①引き落とし口座はジャパンネット銀行以外でもOK

ジャパンネット銀行の口座をわざわざ作りたくない場合は、ファミマクレジットカードを作って普段使っている銀行から利用代金を引き落とすようにしましょう。

※ファミマデビットカードでは、ジャパンネット銀行で口座開設&ジャパンネット銀行の口座からの引き落としが必須になります。

②ファミマクレジットカードは後払い

預金残高しか使えないデビットカードとは違い、ファミマクレジットカードは後払いのクレジットカードです。

貯金がなくても、今月もらうお給料からカードの利用代金を払えばOKなので、お財布に余裕ができます。

④ファミマTカードとしても使える

ファミマデビットカードと同じように、通常のファミマTカードとして使えます(カードの日のポイントアップも利用できます)

逆にファミマデビットカードとの違いは、若者応援ポイント※が付くことや、ファミマクレジットカードのみが対象のキャンペーンが多く開催されていることです。

※25歳以下のファミマTカード会員は、ポイント還元率が0.5%アップする。

⑤Apple Payが使える、ETCカードを発行できる

Apple Payに登録すると、全国の「iD」加盟店では、iPhoneをかざすだけで買い物ができるようになります。

また、ファミマデビットカードでは作れない、ETCカード(年会費は無料)を追加で作れます。

⑥入会キャンペーンが充実している

ファミマクレジットカードは、利用キャンペーン等を含めると4000ポイントくらいがもらえてお得です。

※ファミマデビットカードは、多くても1000ポイント程度しかもらえません。

ポイント還元率もファミマデビットカードより多いので、Tポイントを多く貯めたい方はファミマクレジットカードを選ぶべきです。

ファミマデビットカード ファミマクレジットカード
支払いのタイミング 即時支払い 後払い
 引き落とし口座 ジャパンネット銀行のみ ジャパンネット銀行以外も可
分割払い、リボ払い、ボーナス払い ×
 ブランド Visa JCB
審査 なし(15歳以上なら誰でもOK) あり(安定した収入がある18歳以上)
 カードの限度額 上限は自分で決められる クレジットカード会社が決める金額
 ポイント還元率(ファミマ利用時)  0.2%  0.5%
 ETCカード/Apple Pay ×
入会キャンペーン 1000ポイントもらえる 4000ポイントもらえる
公式サイト Visaデビットカード ファミマTカード(クレジットカード)




記事のタイトルとURLをコピーする

おすすめのデビットカードはこの2枚!

JNB Visaデビット

日本初のネット銀行「ジャパンネット銀行」が発行するVisaデビットカード

利用通知やアプリの使いやすさなどで圧倒的な「総合力NO.1のデビットカード」

セブン銀行のデビットカード

セブン銀行のキャッシュカード+JCBデビットカード+nanacoカードの3つが一体型

年会費無料&16歳以上から審査なしでカードが発行できる

セブンイレブンなどではポイント還元率がアップ!

-ジャパンネット銀行の口コミ・評判
-

Copyright© VISAデビットカード比較 , 2018 All Rights Reserved.