Kyash Card(Kyash Card lite)の発行手数料を支払って作るメリットは?

Kyashには、①Kyash Card Virtual②Kyash Card Lite(発行手数料300円)③Kyash Card(発行手数料900円)の3種類があります。

▼旧カードから名称と年会費の有無が変更

  • Kyash(バーチャルカード)→Kyash Card Virtual
  • Kyash(リアルカード)→Kyash Card Lite※発行手数料有料化
  • Kyash Card※NEW

果たして、発行手数料を支払って②Kyash Card Lite③Kyash Cardを作るべきか?

結論から言うと、ネットだけではなく街のお店でもKyashを使うなら、Kyash Card(発行手数料900円)を発行するべき。

ネットだけの利用&高額な買い物(3万円以上)をしない場合は、①Kyash Card VirtualでOKです。

▼アプリをインストールする

iPhone

Kyash

Android

Kyash

3種類のKyashカードの比較表

Kyash Card
Virtual
Kyash Card LiteKyash Card
利用できるお店ネット(国内/海外)ネット(国内/海外)
街のお店(国内)
ネット(国内/海外)
街のお店(国内/海外)
発行手数料無料300円900円
年会費無料
限度額
(1回/24時間)
3万円
(※本人認証
なしは5千円)
5万円30万円
限度額
(1ヶ月)
12万円
(※本人認証
なしは2万円)
12万円100万円
対応する
電子マネー
QUICPay+(Apple Pay)
QUICPay+(Google Pay)
QUICPay+(Apple Pay)
QUICPay+(Google Pay)
QUICPay+(Apple Pay)
QUICPay+(Google Pay)

Visaタッチ決済(カード付帯)
ポイント
還元率
0.5%0.5%1%
ポイント
還元上限
最大1,200ポイント

Kyash Card LiteではなくKyash Cardを作るべき理由

街のお店でもKyashを使いたい場合は、Kyash Card Lite(発行手数料300円)ではなく、Kyash Card(発行手数料900円)を作るべきです。

なぜなら、Kyash Card Liteは100万円の利用上限に達した際に再発行が必要になり、そのたびに発行手数料300円がかかってしまうから。

逆に、Kyash Cardは100万円の利用上限に達した際の再発行は必要なく、発行手数料900円でカードの有効期限の5年間使えます。

このことは、Kyashのホームページでも明記されています。

「Kyash Card Lite」提供開始以降は、有効期限または100万円の利用上限に達した際の再発行においても、発行手数料として300円をいただきます。
出典 : Kyash Card Liteについて – Kyash HELP

発行手数料はいくらですか
・発行手数料は 900円 です
※有効期限(5年)が切れた際は、発行手数料 900円 をお支払いのうえ再発行いただく必要があります。

累計利用額が100万円に達したら再発行する必要がありますか
・新しいKyash Cardでは累計の利用上限はございませんので、有効期限までご利用いただけます

出典 : 新しいKyash Cardに関するご質問について – Kyash HELP

還元率を含めてみると、例えば毎月5万円×5年間利用した場合は、Kyash Cardの方が約15,000円お得になります。

※端数切捨てなので、実際の獲得ポイントは想定よりも若干減少します。

Kyash Card LiteKyash Card
発行手数料600円
(2回再発行)
900円
ポイント
還元率
0.5%1%
想定獲得
ポイント
15,000P30,000P
差し引き14,400円分の得29,100円分の得

利用限度額が増えても、ポイント還元上限がその分増えるわけではない

Kyash Cardは1回の買い物で30万円まで使えますが、30万円×1%=3,000P獲得できるわけではありません。

①Kyash Card Virtual②Kyash Card Lite③Kyash Cardでも、最大で月間1,200Pが獲得ポイントの上限です。

ただ、毎月12万円以上(1,200P÷1%)をKyashだけでは使う人は少ないと思いますが...

Kyash Cardはより安全で便利に使える

①ICチップで安全に

Kyash CardにICチップが付いたことで、お店によっては4桁の暗証番号の入力が必要になり、不正利用のリスクが減少します。

ICチップがないカードはサインで本人確認をしますが、裏面の署名を簡単に真似されてしまうリスクがあります。

一方、4桁の暗証番号を当てることはまず不可能です。

②Visaのタッチ決済で便利に

Kyash CardはVisaのタッチ決済に対応。

Visaのタッチ決済は、日本で使えるお店がまだ少ないですが、海外では非常に多くの国と地域で使えます。

国内加盟店はローソン、イオン、マクドナルド、すき家、はま寿司くらいでしたが、2020年6月からはセブンイレブンでも使えるようになる予定です。

いま便利ではありませんが、これから便利に使えるようになります。

▼アプリをインストールする

iPhone

Kyash

Android

Kyash




-プリペイドカード
-

Copyright© デビットマニア , 2020 All Rights Reserved.