Kyashにデビットカードを登録して使える!おすすめは楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)

Kyashでは、VisaデビットカードとMasterCardデビットカード※のみがチャージに対応しています。

※住信SBIネット銀行から、0.8%還元のMasterCardブランドのデビットカード「ミライノデビット」が発行されています。

JCBデビットカードは利用不可です。

Kyashにデビットカードを登録して使える?登録できない?

Kyashに登録できるカードブランドは、VisaとMasterCardの2種類のみです。

JCBブランドのカードは、Kyashでは利用できません。

現在、KyashにはVisa/Mastercardのクレジットカード、デビットカードを合計5枚までご登録いただけます。※24時間に1枚登録することが可能です。

※ブランドプリペイドカードはご利用いただけません。

またカードを登録する際には下記の条件を満たしている必要があります。

ご本人名義のカード
日本国内発行のカード
有効期限内のカード
利用停止/不可となっていないカード

出典 : 登録カードについて

なお、VisaまたはMastercardブランドでも、プリペイドカードはKyashでは使えないようになっています。

当サイトが検証済みの券種

Kyashに登録できるカード

Kyashでは使えないカード

  • JCBデビットカード/JCBプリペイドカード
  • mijica(ゆうちょ銀行)※
  • ANA Visaプリペイドカード※
  • ソフトバンクカード※
  • バンドルカード※
  • JAL Global WALLET(JALグローバルウォレット)※
  • GAICA(プリペイドカード)※
  • dカードプリペイド※
  • バニラVisaギフト※
  • Pollet(ポレット)※
  • ココカラクラブカード※

※「プリペイドカードの登録はできません。」というエラー表示が出ます。

Kyash登録におすすめのVisaデビットカード

JCBのカードしかもっていない方は、Visaカードを作ってください!

おすすめのVisaデビットカードは、年会費無料の楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)

楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)

楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)の還元率は1.0%のため、最大で2.0%のVisaカードが完成します。

1.0%(楽天)+1.0%※(Kyash)=2.0%

※Kyash Cardの場合

実際に、私も楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)を連携させたKyashを使っていて、しっかりポイントがたまることを確認済みです。

▼ポイント付与の対象にKyashが含まれている

楽天Visaデビット×Kyash

▼ポイント付与を確認

年会費無料のVisaデビットカードを選ぼう!

楽天銀行では、3種類のVisaデビットカードが発行されています。

その中でも、年会費無料で利用できるのは、楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)です。

年会費還元率
楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)←おすすめ 無料1.0%
楽天銀行シルバーデビットカード(Visa)2,200円1.0%
楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)5,500円1.0%

Kyashを使うメリット

審査なし&年齢制限なしで発行可能

Kyashには、クレジットカードのような発行時の審査がありません。

年齢制限なしで誰でも発行可能なので、学生さんや無職の方でも何の問題もなくカードが作れます!

自動チャージが便利

Kyashは残高に手動でチャージして使うのはもちろん、自動チャージ(オートチャージ)が可能。

カードを登録して自動チャージを設定すれば、Kyashの残高が足りなくても、いちいちチャージする手間がないので便利です。

Kyash残高500円で2,000円の買い物をする→不足分1,500円は自動チャージを設定したカードから引き落としされる

カード利用を即時通知&利用履歴の確認が可能

クレジットカードの場合など、カードをどのお店でいくら使ったか?すぐにはわかりません。

一方、Kyashはカードを利用するとすぐに利用店舗と利用金額がアプリで通知されます。

1回または1か月に使える上限金額も自分で決められるため、無駄使いを防ぐことも可能です。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象

▲こんなポスターやステッカーが目印

2019年10月~2020年6月末まで、キャッシュレス・消費者還元事業で2~5%還元があります。

もちろん、Kyashはキャッシュレス・消費者還元事業の対象で、フランチャイズ加盟店では2%、中小店舗では5%が還元されます。

▼アプリをインストールする

iPhone

Kyash

Android

Kyash

Kyash利用時の注意点

3種類のKyashから最適なカードを選ぶ

Kyashには、①Kyash Card Virtual②Kyash Card Lite(発行手数料300円)③Kyash Card(発行手数料900円)の3種類があります。

3種類のカードで発行手数料・ポイント還元率・限度額などがそれぞれ違います。

下記記事を詳しく解説しているので、最適なカードを選ぶ参考にしてみてください。

Kyashポイントの有効期限と算出方法

新しくできたKyashポイントには、有効期限があります。

半年以上、Kyashを利用しなかった場合は、Kyashポイントがなくなってしまいます...

Kyashポイントの有効期限

最終のKyash Visaカードによるお支払い日より180日となります。
180日間、Kyash Visaカードによるお支払いがない場合、所持しているKyashポイントは消滅いたします。

Kyashポイントは1回の決済ごとに算出されて、1ポイント未満は切り捨てられることにも注意です。

例えば、①Amazonで201円②楽天市場で199円の買い物をした場合は、2+1=3ポイントの付与です。

①+②の合計が400円なので4ポイントの付与、ではないんです!

ポイントが使えるお店の場合は、端数の99円をポイントで支払うようにすれば、無駄なくお得に買い物することができます。

QUICPayやSuicaチャージなどはポイント付与の対象外

SuicaチャージやQUICPayの利用もポイント付与の対象外です。

※Android(おサイフケータイ)ユーザーのみ、Google PlayにKyashを登録してQUICPayが使えます。

Android(Google Pay)編~デビットカードでクイックペイとiDを使う方法~

▼Kyashポイント付与対象外の取引

Kyashポイント還元対象外となる取引

売上未確定のままのお取引
Kyash Visaカードを登録したQUICPayによるお支払い
交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)
鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
税金のお支払い
ふるさと納税、税金各種
公共料金のお支払い
Kyash Visaカードがご利用いただけない場合もございます。
寄付金のお支払い
金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
郵便局の販売サイトでのお支払い
造幣局の販売サイトでのお支払い
代金未回収が発生しているお取引
本人または第三者による不正利用と弊社が判断したお取引

対象外のお取引でも「獲得予定」となり通知および表示されますが、獲得にはなりませんのでご留意ください

▼Kyashポイント対象の取引例

よくあるお問い合わせの加盟店

ご利用加盟店 対象/対象外
楽天Pay 対象
PayPal 対象
Amazon 対象
Amazonギフト券 対象
モスカード 対象
スターバックス カード  対象
ドトールバリューカード  対象
Yahoo!ウォレット 対象
Origami Pay 対象
PayPay 対象

各カードへのリンク

-プリペイドカード
-

Copyright© デビットマニア , 2020 All Rights Reserved.