【鹿児島銀行】かぎんJCBデビットの口コミ・評判

投稿日:

鹿児島県鹿児島市に本店を置く鹿児島銀行から、「かぎんJCBデビット」というJCBデビットカードが発行されています。

公式サイトだけではわからない、かぎんJCBデビットのメリット・デメリットについて紹介。

詳細
年会費初年度無料→2年目以降は1350円
審査なし
ポイント還元率0.3%
海外ATM手数料 / 海外事務手数料調査中
家族カードあり
ETCカードなし
利用限度額自由に設定が可能
利用できる場所国内外のJCB加盟店
JCB・Cirrusマークがある海外ATM

鹿児島銀行JCBデビットカードのメリット

審査なし&初年度年会費は無料(2年目以降は1350円)

かぎんJCBデビット(鹿児島銀行JCBデビットカード)にはクレジットカードのような与信審査がないため、中学生を除く15歳以上なら誰でもカードを発行できます。

初年度の年会費は無料ですが、2年目以降は1350円かかります。

ただし、以下のどちらか1つの条件をクリアすれば、2年目以降の年会費も無料です。

  • 22歳以下
  • 年間のカード利用額が10万円以上

ちなみに、年会費が条件なしに無料のデビットカードは数多く存在します。

条件を満たすのが難しそうな人や、初めてデビットカードを申し込む方は、使わなくてもお金が1円もかからないカードを選びましょう。

▼条件なしで年会費が無料

審査なし&年会費無料のデビットカード

ポイント還元率は0.3%

かぎんJCBデビットは、カード利用で1000円につき1 Oki Dokiポイントがキャッシュバックされます。

※Oki Dokiポイントは、JCBカード利用で貯まるポイントプログラムのこと。

Oki Dokiポイントは1ポイント=3円のレートで交換できるため、実質0.3%のポイント還元率になります。

おサイフケータイ対応機種ならQUICPayが使える!

Google Pay(グーグルペイ)

かぎんJCBデビットは、Google Payに登録することで、QUICPay支払いを利用することができます。

※iPhoneまたはおサイフケータイ非対応のAndroidでは、サービスを利用できません。

鹿児島銀行JCBデビットカードのデメリット

キャッシュカードとデビットカードが一体型ではない

かぎんJCBデビット(鹿児島銀行JCBデビットカード)は、キャッシュカードとデビットカードが一体型ではありません。

つまり、かぎんJCBデビットと鹿児島銀行のキャッシュカードの2枚を別々に持たないといけないということ。

※キャッシュカードとしての機能がかぎんJCBデビットにはないため、かぎんJCBデビットを使ってATMでお金を引き出すことはできません。

カード2枚を別々に持つとか、お財布がパンパンになりますね。

かぎんJCBデビットは海外でも使えるが・・・

かぎんJCBデビットは世界中のJCB加盟店で使えます。

しかし、Visaと比べると利用できる店舗が少ないのも事実。

さすがに、海外ではどの国でも使えるとまではいえません。

海外旅行の予定がある人、海外の通販で買い物をしたい人には、やっぱりVisaデビットカードをオススメします。

VisaJCB
加盟店数約5,300万店約3,300万店
売上高の世界シェア約50%約1%

ETCカードは発行できない

かぎんJCBデビットでは、ETCカードを作ることはできません(=高速道路料金の支払いはできない)

というより、すべてのデビットカードにおいてETCカードを作ることができません。

おすすめのデビットカードはこちら

【2019年版】デビットカード おすすめランキング




シェアする

おすすめのデビットカードはこの2枚!

1位 JNB Visaデビット

初めてデビットカードを作るなら、このカードがおすすめ!

利用通知やアプリの使いやすさなどで圧倒的な「総合力NO.1のデビットカード」

2位 楽天銀行デビットカード

ポイント還元率はデビットカード最高の1.0%

年会費無料の楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)がおすすめ

1000ポイントがもらえるキャンペーンが開催中!

-デビットカードの一覧
-

Copyright© VISAデビットカード比較 , 2019 All Rights Reserved.