VISAデビットカード比較

ゆうちょ銀行はVisaデビットカードを発行している?

      2018/03/11

郵便局

ゆうちょ銀行では、Visaデビットカード(またはJCBデビットカード)を発行していません。

「Jデビット」というデビットカードサービスは利用できますが、これはクレジットカードのようにコンビニやAmazonなどの通販サイトで使えるものではありません。



【ゆうちょ銀行】Visaデビットカード(またはJCBデビットカード)を作れない

三大メガバンクのすべてでサービスが開始されて、日本でも盛り上がってきたデビットカード

※三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行からはVisaデビット、みずほ銀行からはJCBデビットが発行されています。

では、ゆうちょ銀行ではどうなのか?というと、残念ながらVisaデビットとJCBデビットのどちらも作ることができません。

ゆうちょ銀行がサービス開始を検討している、というような話も一切聞いたことがありません。

クレカのように使えるVisaデビットやJCBデビットが欲しい方は、デビットカードが作れる銀行で口座開設をしましょう。

ゆうちょ銀行のデビットカードは「Jデビット」

デビットカードの基本

クレジットカードは後払いのカード、デビットカードは今払いのカード。

後日利用料金が請求されてくるクレジットカードとは違い、デビットカードは使った金額がその場で口座からすぐに引き落としされます。

そのため、口座残高以上は買い物することができない仕組みであり、使いすぎを予防する効果にも期待できますね☆

また、「口座開設を申し込む=デビットカード機能付きのキャッシュカードを発行してくれる」というのが一般的になっています。

ですから、追加の登録や手続きは基本的には不要です。

ゆうちょ銀行のデビットサービスとは?

「ゆうちょ銀行 デビットカード」と検索すると、それらしきものが出てくるんじゃないか!という疑問をもっている人もいるかもしれません。

しかし、これは日本独自の「Jデビット」というデビット機能であり、使える場所が少ない=ほとんど役に立たないカードです。

海外はもちろん、インターネット上の通販サイトやコンビニなどでも使えません。

※当然、PayPal・Apple Pay・格安sim・Steam・ディズニーランドなどの支払いにも使えない。

#郵貯#郵便局#取り扱い#通帳

Visaデビット(またはJCBデビット)とJデビットの違い

Visaデビット(またはJCBデビット) Jデビット
使える時間 24時間365日いつでも使える 0時5分〜23時55分(土日祝を含む)
年会費  年会費無料のカードもあり  無料
審査  審査なし  なし
年齢 15歳以上の高校生~  とくに年齢制限はない
手数料  なし  なし
限度額/上限  自由に設定可能  自由に設定可能
ポイント還元 あり  なし

楽天銀行JCBデビットカードがおすすめな理由

ゆうちょ銀行ユーザーには、絶対に楽天銀行JCBデビットカードがおすすめです。

楽天銀行JCBデビットカードのメリット

  • 年会費は永年無料
  • 審査なし(16歳以上なら誰でもカードが作れる)
  • ポイント還元率はクレカ並みの1.0%
  • ゆうちょ銀行→楽天銀行の振込手数料が無料

▼ゆうちょ銀行からの振込手数料が無料になる楽天銀行

ゆうちょ銀行ユーザーには楽天銀行JCBデビットカードがおすすめ




記事のタイトルとURLをコピーする

おすすめのデビットカードはこの2枚!

JNB Visaデビット

日本初のネット銀行「ジャパンネット銀行」が発行するVISAデビットカード

年会費無料&審査なし(15歳以上からOK)

セブン銀行のデビットカード

セブン銀行のキャッシュカード+JCBデビットカード+nanacoカードの3つが一体型

年会費無料&審査なし(16歳以上からOK)

 - デビットカードの仕組み