【福井銀行】ふくぎんVisaデビットカードの口コミ・評判

更新日:

福井銀行から、ふくぎんVisaデビットカードが発行されています。

公式サイトだけではわからない、このカードのメリット・デメリットについて紹介。

ふくぎんVisaデビットカード詳細
年会費無料
審査なし
ポイント還元率 0.25%
海外ATM手数料 / 海外事務手数料216円 / 3.0%
家族カードなし
ETCカード なし
利用限度額 自由に設定が可能
利用できる場所国内外のVisa加盟店
Visa・PLUSマークがある海外ATM

福井銀行Visaデビットカードのメリット

審査なし&年会費は永年無料

ふくぎんVisaデビットカードにはクレジットカードのような与信審査がないため、中学生を除く15歳以上ならだれでもカードを発行できます。

年会費は永年無料です。

※以前までは、23歳未満or前年度のカード利用額が10万円以上といった条件がありましたが、2019年5月25日から条件なしで無料となりました。

利用金額の0.25%をキャッシュバック

毎月、利用金額の0.25%が福井銀行の口座に直接キャッシュバックされます。

この0.25%というキャッシュバック率は、デビットカードの中でも低い部類にあたります。

例えば、楽天銀行デビットカードのポイント還元率は1.0%です。

デビットカードNO.1の還元率

楽天銀行デビットカード

ふくぎんVisaデビットカードに付帯する保険

ふくぎんVisaデビットカードには、第三者不正使用保険※が付帯されます。

※第三者によって不正利用された場合、銀行側が連絡を受けた日から60日前まで遡って、その日以降に発生した損害について年間100万円まで補償

福井銀行Visaデビットカードのデメリット

キャッシュカードとデビットカードが一体型ではない

ふくぎんVisaデビットカードは、キャッシュカードとデビットカードが一体型ではありません。

つまり、福井銀行のキャッシュカードとふくぎんVisaデビットカードの2枚を別々に持たないといけないということ。

※キャッシュカードとしての機能がふくぎんVisaデビットカードにないため、ふくぎんVisaデビットカードを使ってATMでお金を引き出すことはできない。

カード2枚を別々に持つとか、お財布がパンパンになりますね・・・

ふくぎんVisaデビットカードは海外事務手数料が高い

海外事務手数料とは、国外のVisa加盟店(海外通販サイトを含む)※で利用した際に発生する手数料のこと。

※例えば、アメリカのお店で買い物したときは、支払いは日本円ではなく米ドルですることになるので、日本円→米ドルに交換する為替手数料が発生します。

通常のVisaカードでは、1.6%~2.0%くらいが平均的な手数料となります。

ふくぎんVisaデビットカードの海外事務手数料は3.0%で、他のVisaカードと比べると割高な手数料を支払うことになるので注意してください。

ETCカードは発行できない

ETC

ふくぎんVisaデビットカードでは、ETCカードを作ることはできません。

というより、すべてのデビットカードにおいてETCカードを作ることができません。

おすすめのデビットカードはこちら

【2019年版】デビットカード おすすめランキング




おすすめのデビットカードはこの2枚!

1位 JNB Visaデビット

初めてデビットカードを作るなら、このカードがおすすめ!

利用通知やアプリの使いやすさなどで圧倒的な「総合力NO.1のデビットカード」

2位 楽天銀行デビットカード

ポイント還元率はデビットカード最高の1.0%

年会費無料の楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)がおすすめ

1000ポイントがもらえるキャンペーンが開催中!

-デビットカードの一覧
-,

Copyright© VISAデビットカード比較 , 2019 All Rights Reserved.