iPhone(Apple Pay)編~デビットカードでモバイルSuicaとクイックペイを使う方法~

更新日:

Apple Pay

Android(おサイフケータイ端末)にはGoogle Pay(グーグルペイ)があるように、iPhoneにApple Pay(アップルペイ)があります。

この記事では、モバイルSuicaとクイックペイ※を使う方法を紹介しています。

※現在のところ、クイックペイを使えるのはみずほJCBデビットのみです。

Apple Payのメリット・デメリット

Apple Pay(アップルペイ)に対応する電子マネー

まずは基本的なことを確認!

Apple Payでは、3つの電子マネーに対応しています。

そのうち、あなたがお持ちのデビットカードで使えるものは...

  • iD→使えない※
  • Quicpay→みずほJCBデビットのみで使える
  • Suica→全てのデビットカードで使える

※iDが搭載されたSMBCデビット(三井住友銀行)はありますが、このカードはApple Payに登録できないです。

メルペイでiDが使える!

merpay

iDを使いたい場合は、メルカリのアプリ内にある決済機能「メルペイ」がおすすめです。

メルペイは、メルカリの売上金をiD支払いで使えるサービスですが...

メルカリの売上金がなくても、銀行口座からメルペイ残高に直接チャージすることも可能!

クレジットカードのような審査もないため、メルペイに対応している銀行口座をもっていれば、誰でも利用することができます。

メルペイチャージ

メルペイに対応している銀行口座については、以下の記事で確認してください。

招待コードの入力で300Pがもらえる!

まだメルカリを利用したことがない人は、下記の招待コードを入力して会員登録することで、300ポイントがもらえます。

▼招待コード

glt648

iPhone

メルカリ

Android

メルカリ

Apple Payを使えるのはiPhone7以降

iPhone 7(iPhone 7 Plus)以降から、Apple Payを使うことができます。

iPhone 6(iPhone 6s Plus)より前のiPhone、iPhone SE、iPadでは、お店でApple Payを使うことはできません。

▼Apple Payが使えるiPhone

  • iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS、iPhone XS Max
  • iPhone XR、iPhone X
  • iPhone 8、iPhone 8 Plus
  • iPhone 7、iPhone 7 Plus(国内販売のみ)

デビットカードでモバイルSuica(Apple Pay)を使う方法

モバイルSuicaをインストール&会員登録

まずは、「モバイルSuica」のアプリをインストール。

モバイルSuicaの会員登録などを済ませて、新しくSuicaカードを発行orプラスチックのSuicaカードの取り込みをしてください。

登録方法などは、JR東日本のホームページをご参考に。

Apple Pay×Suicaの注意点

取り込めないSuicaカードがある

Apple Payに取り込み可能なSuicaカードを知りたい。

Suicaカードの取り込み後

Suicaの取り込みが完了すれば、プラスチックのSuicaカードは使えなくなります。

もちろん、Suica定期券を取り込んだ場合は、定期券の機能もiPhoneに取り込まれます。

元に戻すことはできないので、注意してください。

モバイルSuicaに登録したカードでチャージする

Suicaにチャージする時は、左側の登録したカードでチャージすることになります。

右側のApple Payマークでは、Apple Payに登録したカードでチャージするので、みずほJCBデビット以外では利用することができません。

なお、Suica(記名式)とSuica定期券は記名人以外は利用できないので、Suicaとデビットカードの名義は同じである必要があります。

モバイルSuicaチャージ

チャージするカードの変更方法

「チケット購入 Suica管理」→「登録クレジットカード情報変更」から、チャージするカードの変更ができます。

モバイルSuica カード変更

モバイルSuica カード変更

モバイルSuicaの年会費は無料

Androidやガラケーの場合は、年会費1,080円がかかったり、かからなかったりしますが...

iPhoneの場合は、①Apple Payに登録したカードでチャージする、②モバイルSuicaに登録したカードでチャージする、に関係なく年会費は無料です。

Suicaにチャージできるデビットカード

Visaデビッドカード

JCBデビットカード

  • イオン銀行キャッシュ+デビット(JCBデビットカード)
  • セブン銀行デビットカード
  • 楽天銀行JCBデビットカード
  • じぶん銀行スマホデビット
  • 北洋JCBデビット
  • OnlyOneデビット(秋田銀行)
  • 77JCBデビット(七十七銀行)
  • 東邦Alwaysデビットカード<JCB>
  • じゅうろくJCBデビット(十六銀行)
  • めいぎんJCBデビット(名古屋銀行)
  • OKBデビット(大垣共立銀行)
  • 82Debit(八十二銀行)
  • ほくぎんデビット(北陸銀行)
  • 京銀JCBデビット
  • 池田泉州JCBデビット
  • 紀陽JCBデビットカード
  • ドリーミーデビットカード(中国銀行)
  • ひろぎんデビット(広島銀行)
  • ワイエムデビットJCBカード(山口銀行・もみじ銀行・北九州銀行)
  • あわぎんJCBデビット(阿波銀行)
  • ひめぎんJCBデビット(愛媛銀行)
  • NCBデビット(西日本シティ銀行)
  • Debit+(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行)
  • かぎんJCBデビット(鹿児島銀行)
  • おきぎんJCBデビットカード(沖縄銀行)
  • ちばぎんスーパーカード<デビット>

※※千葉県はもちろん、東京都/茨城県/埼玉県/神奈川県横浜市/川崎市に住んでいる20歳以上なら、インターネット支店で口座開設してカードを作ることが可能。

MasterCardデビットカード

Suicaチャージでポイントが貯まるデビットカード

Suicaチャージでおすすめのデビットカードは、住信SBIネット銀行デビットカード(Mastercard)

住信SBIネット銀行デビットカード(Mastercard)は電子マネーのチャージでもポイントが貯まるため、チャージ金額の0.8%のポイント還元が受けられます。

ちなみに、デビットカードの最高還元率1.0%を誇る楽天銀行デビットカードは、電子マネーのチャージはポイント付与の対象外。

つまり、Suicaチャージで一番お得なカードは、住信SBIネット銀行のデビットカード(Mastercard)ということになります。

Suicaチャージもポイント付与の対象

住信SBIネット銀行デビットカード

デビットカードでクイックペイ(Apple Pay)を使う方法

クイックペイが使えるのはみずほJCBデビットのみ

Apple Payが日本に上陸した2016年から3年たって、ついにApple Payが使えるデビットカードが登場しました。

それは、みずほ銀行が発行する「みずほJCBデビット

Walletアプリから直接登録して、「QUICPay+」を使うことができます!

Walletアプリ

Walletアプリ登録

Apple Payに登録

みずほJCBデビット(Apple Pay)

みずほJCBデビットでApple Payを使えるようになりましたが、現在のところ他に対応しているデビットカードはありません。。

Android(Google Pay)の時は、みずほJCBデビット→JCBが発行するデビットカードの流れで「QUICPay+」を使えるようになったので、Apple Payもそうなる可能性は濃厚です。

※現在のところ、Apple Payへの対応予定などは発表されていません。

みずほJCBデビット

みずほJCBデビットには利用時間の制限あり

みずほJCBデビットのQUICPay+(Apple Pay)は、24時間365日使えるわけではありません。

みずほ銀行のシステム上の問題※なのか、以下の時間帯では利用できないので注意してください。

※他のカードでは24時間365日使えるため

利用できない時間帯

  • 毎週 土曜日22:00~日曜日8:00
  • 第1、第4土曜日3:00~5:00

ガソリンスタンドなどでは使えない

最後に注意点です!

デビットカードやプリペイドカードの場合は、一部のお店では使えないことを覚えておいてください。

デビットカードやプリペイドカードは、「QUICPay+」という規格だけに対応しているため、通常の「QUICPay」のみに対応している加盟店では利用できません。

例えば、ガソリンスタンドなどでは「QUICPay+」に対応していないため、デビットカードやプリペイドカードではクイックペイが利用できません。

以下のお店でもクイックペイで支払いたい場合は、クレジットカードを作るしか選択肢はありません。

▼使えないお店の一覧

  • エネオス、昭和シェル石油
  • イズミヤ、ダイエー、阪急オアシス、松源、マルヨシセンター、ヤマイチ
  • Dynamic Kitchen & Bar 響
  • 朝日交通株式会社、さくらタクシー、昭和グループ、名古屋近鉄タクシー、明和グループ
  • 古本市場
  • ジョイナス ザ・ダイヤモンド、阪急百貨店、阪急メンズ大阪、阪急メンズ東京、阪急百貨店、MARUEI、LOFT
  • 富士急ハイランド、イーフローラ、タイムズプレイス、ドンキホーテ
  • アパホテル、アローズ、フレンズ、ダイヤクリーニング、広島シティカード、ペットワ
  • ルドアミーゴ、ホームセンタータイム、ホームセンターMi.カーサ・モッズ ヘア

QUICPayとQUICPay+の違い

通常の「QUICPay」はクレジットカード専用のサービスで、デビットカードやプリペイドカードでも使えるのは「QUICPay+」というサービス。

QUICPayからQUICPay+にバージョンアップして変わったのは、①デビットカードやプリペイドカードでも使えるようになった②利用限度額が上がったことの2つ。

Apple Pay通常のQUICPayQUICPay+
使えるお店QUICPay加盟店
QUICPay+加盟店
QUICPay+加盟店のみ
種類クレジットカード
モバイル
キーホルダーなど
モバイル
紐付けできるカードクレジットカードクレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
 1回あたりの利用限度額2万円までカードの利用限度額

クイックペイ(Apple Pay)が使える!おすすめのクレジットカード

クレジットカードの場合は、QUICPayとQUICPay+の両方に対応しているため、ガソリンスタンドなどでも使えます。

おすすめのクレジットカードは、年会費無料&還元率1.2%のリクルートカード(JCB)

Suicaやnanacoへのチャージでもポイントがたまり、たまったポイントはPontaポイントに交換して、ローソン・ケンタッキー・昭和シェル石油などで使うことができます。

リクルートカード
年会費無料
ポイント還元率1.2%
付帯保険海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
ショッピング保険
追加カードETCカード
家族カード
スマホ決済Apple Pay
Google Pay
公式サイトリクルートカード(JCB)

 各ページへのリンク

リクルートカード

おすすめのデビットカードはこの2枚!

1位 JNB Visaデビット

初めてデビットカードを作るなら、このカードがおすすめ!

利用通知やアプリの使いやすさなどで圧倒的な「総合力NO.1のデビットカード」

2位 楽天銀行デビットカード

ポイント還元率はデビットカード最高の1.0%

年会費無料の楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)がおすすめ

1000ポイントがもらえるキャンペーンが開催中!

-電子マネー
-,

Copyright© VISAデビットカード比較 , 2019 All Rights Reserved.