【愛知銀行】愛銀Visaデビットカードの口コミ・評判

投稿日:

愛銀Visaデビットカード

愛知銀行から、愛銀Visaデビットカードが発行されています。

公式サイトだけではわからない、このカードのメリット・デメリットについて紹介。

愛銀Visaデビットカード 詳細
年会費 初年度無料→2年目以降は1080円
審査 なし
ポイント還元率 0.2%
海外ATM手数料 108円
家族カード なし
ETCカード なし
利用限度額 自由に設定が可能
利用できる場所 国内外のVisa加盟店
Visa・PLUSマークがある海外ATM

愛知銀行Visaデビットカードのメリット

審査なし&初年度の年会費は無料(2年目以降は1080円)

愛銀Visaデビットカードにはクレジットカードのような与信審査がないため、中学生を除く15歳以上ならだれでもカードが作れます。

初年度の年会費は無料ですが、2年目以降は540円かかります。

ただし、以下のどちらか1つの条件をクリアすれば、2年目以降も年会費は無料です。

  • 23歳未満
  • 前年度のカード利用額が10万円以上

ちなみに、年会費が条件なしに無料のデビットカードは数多く存在します。

条件を満たすのが難しそうな人や、初めてデビットカードを申し込む方は、使わなくてもお金が1円もかからないカードを選びましょう。

▼条件なしで年会費が無料

審査なし&年会費無料のデビットカード

利用金額の0.2%をキャッシュバック

毎月、利用金額の0.2%が愛知銀行の口座に直接キャッシュバックされます。

この0.2%というキャッシュバック率は、デビットカードの中でも低い部類にあたります。

例えば、楽天銀行JCBデビットカードのポイント還元率は1.0%です。

デビットカードNO.1の還元率

楽天銀行JCBデビットカード

愛銀Visaデビットカードに付帯する保険

愛銀Visaデビットカードには、第三者不正使用保険が付帯されます。

不正使用保険

第三者によって不正利用された場合、銀行側が連絡を受けた日から60日前まで遡って、その日以降に発生した損害について年間100万円まで補償

愛知銀行Visaデビットカードのデメリット

キャッシュカードとデビットカードが一体型ではない

愛銀Visaデビットカードは、キャッシュカードとデビットカードが一体型ではありません。

つまり、愛知銀行のキャッシュカードと愛銀Visaデビットカードの2枚を別々に持たないといけないということ。

※キャッシュカードとしての機能が愛銀Visaデビットカードにはないため、愛銀Visaデビットカードを使ってATMでお金を引き出すことはできません。

カード2枚を別々に持つとか、お財布がパンパンになります・・・

ガソリンスタンドでは使えない

ガソリンスタンド

愛銀Visaデビットカードは、ガソリンスタンドの料金支払いには使えません。

これは、愛知銀行のホームページにも明記されていることです。

利用できない店舗
ガソリンスタンド、高速道路料金、機内販売など一部の加盟店ではご利用いただけません。
出典 : 愛銀Visaデビットカード

ちなみに、全てのデビットカードがガソリンスタンドで使えないのではなく、ちゃんと使えるデビットカードもあるので安心してください。

ETCカードは発行できない

愛銀Visaデビットカードでは、ETCカードを作ることはできません。

というより、すべてのデビットカードにおいてETCカードを作ることができません。

おすすめのデビットカードはこちら

【2018年版】デビットカード おすすめランキング




シェアする
記事のタイトルとURLをコピーする

おすすめのデビットカードはこの2枚!

JNB Visaデビット

日本初のネット銀行「ジャパンネット銀行」が発行するVisaデビットカード

利用通知やアプリの使いやすさなどで圧倒的な「総合力NO.1のデビットカード」

イオン銀行キャッシュ+デビット

イオン銀行が発行する、年会費無料のJCBデビットカード

イオン銀行ATMが24時間無料&イオン系列利用でお得な特典あり

-デビットカードの一覧

Copyright© VISAデビットカード比較 , 2019 All Rights Reserved.